What Would Jesus Do?

AWS コマンドライン環境をLinuxに構築

AWSの管理においてGUIだけでなく、CUIからの操作も覚えなくてはと思い、
Linuxに環境構築をしてみました。
今回設定したのは
・EC2 API Tools
・Elastic Beanstalk
・RDS
です。

まずはjavaのインストールです。
インストール先は/usr/javaとします。
※javaのインストール方法は公式ページでご確認ください。

・EC2 API Tools のダウンロードはここから

・Elastic Beanstalk のダウンロードはここから

・RDSのダウンロードはここから

ダウンロードしたファイルを、ディレクトリ名を↓として配置します。
・EC2 API Tools → ec2-api-tools
・Elastic Beanstalk → elb
・RDS → rds

上記が完了したら環境変数の設定です。

vi /root/.bash_profile
↓を追加
export JAVA_HOME=/usr/java/jre1.6.0_24
export EC2_HOME=/usr/local/ec2-api-tools
export RDS_HOME=/usr/local/rds
export ELB_HOME=/usr/local/elb
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin:$EC2_HOME/bin:$RDS_HOME/bin:$ELB_HOME/bin

保存後
source .bash_profile
で読み込みです。

ec2ver コマンドを実行して
1.4.1.2 2011-01-01
などのバージョンがでたら環境設定完了です。
[PR]



by cimacoppi | 2011-03-26 17:32 | AWS

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧