What Would Jesus Do?

セキュリティグループのport開放をコマンドラインで実行

セキュリティグループに、portとIPアドレスを指定することによって、
接続許可設定が可能となります。

ただ、開放するportやIPアドレスが複数ある場合、AWSコンソールから
設定すると、少し大変になります。

そんな時は
ec2-authorize
コマンドを利用すると簡単に設定できます。

例えば、
Region:Asia Pacific
Security Groups:WEB
開放port:22
許可IPアドレス:192.168.10.100
を設定する場合は

ec2-authorize WEB -K pk.pem -C cert.pem --region ap-northeast-1 -P tcp -p 22 -s 192.168.10.100/32

となります。

コンソールからの設定より、設定ミスが減ると思います。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-03 11:05 | AWS

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧