「ほっ」と。キャンペーン

What Would Jesus Do?

postfixadminを設定する(メールアカウント dovecot設定編)

前回smtp-auth/postfixadminxの設定が完了しましたので、
次はメールアカウント作成とdovecotの設定を行います。


アドレス一覧→アドレスの追加でメールアドレスの作成ができます。

今回はadmin@cimacoppi.biz(passwd:admin)を作成します。

a0173028_16125393.jpg


メールアドレスが追加されると

/usr/local/virtual/ドメイン名/メールアドレスに、
メールが送信されます。

[root@ip-10-146-9-24 new]# pwd
/usr/local/virtual/cimacoppi.biz/admin@cimacoppi.biz/new

[root@ip-10-146-9-24 new]# ls -l
合計 4
-rw------- 1 vuser vuser 659 8月 13 13:36 1313210196.V801I11c1f6M638697.ip-10-146-9-24


上記のメールはpostfixadminからのウエルカムメールとなります。

メール送信が完了しましたので、次はdovecot(POP3の設定を行います。)

・dovecot.conf修正

vi /etc/dovecot.conf修正

protocols = pop3 (pop3指定)
mail_location = maildir:/usr/local/virtual/%d/%u (mailロケーション設定)
※poptfixadminではMaildirを作成してくれないのでMaildirは指定しない
passdb sql {
args = /etc/dovecot-mysql.conf
userdb sql {
args = /etc/dovecot-mysql.conf
※sql以外はコメントアウトにする

・dovecot-mysql.conf作成

cp -pr /usr/share/doc/dovecot-1.0.7/examples/dovecot-sql-example.conf /etc/dovecot-mysql.conf

vi /etc/dovecot-mysql.cof

driver = mysql
connect = host=localhost dbname=postfix user=postfix password=postfixpasswd
default_pass_scheme = MD5-CRYPT
password_query = SELECT password FROM mailbox WHERE username = '%u' AND active = '1'
user_query = SELECT concat('/usr/local/virtual/', maildir) as home, 10000 as uid, 10000 as gid FROM mailbox WHERE username = '%u' AND active = '1' 


・dovecot起動
/etc/rc.d/init.d/dovecot start


接続確認はtelnetコマンドで行えます。

[root@ip-10-146-9-24 new]# telnet localhost 110
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
+OK Dovecot ready.
user admin@cimacoppi.biz
+OK
pass admin
+OK Logged in.

上記で正常にdovecotが設定されていることが確認できます。


これで、postfixadminが利用可能となります。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-23 16:13 | Mail

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧