「ほっ」と。キャンペーン

What Would Jesus Do?

syslogのアクセス権限を変更する

syslog関連のログファイルは通常、
パーミッション設定が
600
となっております。

何らかの理由で一般ユーザで、
messages cron maillog
のみ閲覧権限がほしい場合があります。

変更方法は色々あると思いますが今回は、
/etc/logrotate.d/syslog
ファイルを修正して行います。

vi /etc/logrotate.d/syslog

/var/log/messages /var/log/maillog /var/log/cron {
sharedscripts
weekly
rotate 4
create 0644 root root
postrotate
/bin/kill -HUP `cat /var/run/syslogd.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
/bin/kill -HUP `cat /var/run/rsyslogd.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
endscript
}



vi /etc/logrotate.d/syslog2

/var/log/secure /var/log/spooler /var/log/boot.log {
sharedscripts
weekly
rotate 4
create 0600 root root
postrotate
/bin/kill -HUP `cat /var/run/syslogd.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
/bin/kill -HUP `cat /var/run/rsyslogd.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
endscript
}

これでログローテーション時に、
messages cron maillog
のパーミッションは644になります。
[PR]



by cimacoppi | 2011-09-06 13:58 | Linux

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧