「ほっ」と。キャンペーン

What Would Jesus Do?

syslogサーバの構築

複数のサーバを運用している場合、
syslogを1台のサーバで、まとめるとログの管理が簡単な場合があります。

今回はsyslogサーバの設定を書きます。

まずはsyslogサーバの設定です。

syslogサーバを利用するには、
udpのport514を利用します。

設定は、/etc/sysconfig/syslog
を修正します。

vi /etc/sysconfig/syslog

【変更前】SYSLOGD_OPTIONS="-m 0 "

【変更後】SYSLOGD_OPTIONS="-m 0 -r"

・syslogの再起動
/etc/rc.d/init.d/syslog restart

udpのport514の起動確認
netstat -luntp | grep 514

[root@ip-10-150-175-70 sysconfig]# netstat -luntp | grep 514
↓のように表示すればOKです
udp 0 0 0.0.0.0:514 0.0.0.0:* 28003/syslogd

次はクライアント側です。
・ /etc/syslog.conf の修正
(今回は /var/log/secureをsyslogサーバに送ります。)

vi //etc/syslog.conf
【変更前】authpriv.* /var/log/secure

【変更後】authpriv.* @syslogサーバIPアドレス

・syslogの再起動
/etc/rc.d/init.d/syslog restart


確認として実際にクライアントサーバにsshログインを行います。

sshログイン後、syslogサーバの/var/log/secureを確認します。

tail /var/log/secure

Sep 22 21:10:52 ip-10-146-90-73 sshd[24084]: Accepted publickey for root from x x.x.x.x port 26144 ssh2
Sep 22 21:10:52 ip-10-146-90-73 sshd[24084]: pam_unix(sshd:session): session opened for user root by (uid=0)
Sep 22 21:10:52 ip-10-146-90-73 sshd[24084]: pam_loginuid(sshd:session): set_loginuid failed opening loginuid
Sep 22 21:10:57 ip-10-150-175-70 sshd[27931]: Accepted publickey for root from x.x.x.x port 21536 ssh2
Sep 22 21:10:57 ip-10-150-175-70 sshd[27931]: pam_unix(sshd:session): session opened for user root by (uid=0)
Sep 22 21:10:57 ip-10-150-175-70 sshd[27931]: pam_loginuid(sshd:session): set_loginuid failed opening loginuid

違うホスト名
ip-10-146-90-73
ip-10-150-175-70
が確認できます。

これでsyslogサーバの完成です。
[PR]



by cimacoppi | 2011-09-22 21:23 | Linux

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧