What Would Jesus Do?

SSHログインをユーザ/グループで許可設定を行う

前回PAM認証について書きましたので、
今回はSSHログインをユーザ/グループ単位での設定方法を書きます。

ユーザ/グループ単位の設定をするには下記の3ファイルを利用します。
・/etc/pam.d/sshd
・/etc/ssh/sshd_config
・/etc/security/access.conf

まずは/etc/pam.d/sshdの設定です。
下記をラストに追加します。
account required pam_access.so

/etc/ssh/sshd_configは
UsePAM yes
の記述を確認します。

grep UsePAM sshd_config

最後に/etc/security/access.conf
です。
vi /etc/security/access.conf

#+ : root : 192.168.201.

+ : root : 100.100.100.100

#+ : john : 2001:4ca0:0:101::/64

+ : wheel : 10.10.10.10

#- : ALL : ALL

- : ALL : ALL


上記設定で
・rootは、100.100.100.100からのみ接続可能
・whellグループに属したユーザは10.10.10.10からのみ接続可能
・上記以外は拒否
となります。

実際にログで確認してみます。
まずは wheel グループに属しているユーザ確認です。

[root@cimacoppisecurity]#grep wheel /etc/group
wheel::10:root,test1

test1でsshログインをすると下記のようなログで、ログイン成功がわかります。

Oct 9 16:38:50 cimacoppi sshd[17712]: Accepted password for test1 from *.*.*.* port 9093 ssh2
Oct 9 16:38:50 cimacoppi sshd[17712]: pam_unix(sshd:session): session opened for user test1 by (uid=0)

test2でsshログインすると下記のようなログで、ログイン失敗ががわかります。

Oct 9 16:40:01 cimacoppi sshd[17743]: pam_access(sshd:account): access denied for user `test2' from `219.117.233.241.static.zoot.jp'
Oct 9 16:40:01 cimacoppi sshd[17743]: Failed password for test2 from *.*.*.* port 47543 ssh2
Oct 9 16:40:01 cimacoppi sshd[17746]: fatal: Access denied for user test2 by PAM account configuration
[PR]



by cimacoppi | 2011-10-09 16:42 | Linux

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧