What Would Jesus Do?

RDSでテーブルロック待機時間を変更する

RDSを利用している場合でも、
テーブルロック待機時間の変更をすることは可能となります。
設定のMAXの値は、通常のMySQLと同じく、
1,073,741,824
となります。

設定はSDK for PHPを利用します。
※東京リージョンでパラメーターグループ hogeとするとします。


require_once("./sdk.class.php");

$rds = new AmazonRDS();
$rds->set_region(AmazonRDS::REGION_APAC_NE1);
$response = $rds->modify_db_parameter_group('hoge', array(
array(
"ParameterName" => "innodb_lock_wait_timeout",
"ParameterValue" => "1073741824",
"ApplyMethod" => "pending-reboot"
),
));

var_dump($response);

?>

ApplyMethodの値が、
pending-reboot
となっていますので、設定後RDSの再起動が必要となります。

RDS再起動完了後、接続を行い
show variables like "innodb_lock_wait_timeout";
を実行すれば変更が確認できます。

mysql> show variables like "innodb_lock_wait_timeout";
+--------------------------+------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+------------+
| innodb_lock_wait_timeout | 1073741824 |
+--------------------------+------------+
1 row in set (0.00 sec)
[PR]



by cimacoppi | 2011-10-27 10:40 | AWS

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧