What Would Jesus Do?

NagiosでSSL証明書有効期限の確認を行う

今回はNagiosでのSSL証明書有効期限の確認方法を書きます。

SSL証明書の更新のお知らせは、通常SSL認証局より
連絡があります。

このお知らせメールを見落とすと、更新忘れが、
起こります。
Nagisからの有効期限のチェックは、
更新メールを見落とした時に有効だと思います。

コマンドは下記となります。
(有効期限30日前の監視方法となります。)

/usr/lib/nagios/plugins/check_http --ssl -H コモンネーム -p 443 -C 30

有効期限が30日前の場合、下記のようなアラートとなります。
WARNING - Certificate expires in 25 day(s) (12/27/2011 16:46).

メールがスパムメールなどで埋もれがちな方は、
NagiosからもSSL証明書の確認をしてみてはどうでしょうか
[PR]



by cimacoppi | 2011-12-02 15:05 | Linux

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧