What Would Jesus Do?

OSの起動日数を確認する

今回はOSの起動時間の確認方法を書きます。

長い期間サーバを運用していると、
どのくらいの期間、サーバが起動しているか、
気になる場合があります。

そんな場合は、
uptime
コマンドを利用します。

[root@cimacoppi ~]# uptime
16:14:16 up 9 days, 23:13, 1 user, load average: 0.00, 0.00, 0.00

上記では起動して9日が立っていることを示しています。

ここでサーバの再起動をしてみます。

サーバ起動後、再度
uptimeコマンドを実行すると

[root@cimacoppi ~]# uptime
16:19:11 up 1 min, 1 user, load average: 0.03, 0.01, 0.00

1分前に起動したことが分かります。

また、
lastコマンドを実行すると

[root@cimacoppi ~]# last | more
root pts/0 219.117.233.241. Mon Dec 19 16:18 still logged in
reboot system boot 2.6.16-xenU Mon Dec 19 16:18 (00:01)

1分前にrebootされたことが分かります。
[PR]



by cimacoppi | 2011-12-19 16:19 | Linux

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧