「ほっ」と。キャンペーン

What Would Jesus Do?

MySQL5.1をソースからコンパイル

今回は、MySQL5.1系のソースからのコンパイル方法を書きます。

まずは、ncurses-devel をインスールです。

yum install ncurses-devel

MySQLはここからSource Codeを指定してダウンロードします。

今回は/usr/local/mysql にインストールします。

innodbを利用する場合は、オプションでinnobaseを指定します。

./configure --prefix=/usr/local/mysql --with-plugins=innobase
make
make install

インストール後データを初期化します。
/usr/local/mysql/bin/mysql_install_db


起動スクリプトは
/usr/local/mysql/share/mysql/mysql.server
となりますので、これをmysqlとして
/etc/rc.d/init.d/
にコピーします。

my.confのサンプルは
/usr/local/mysql/share/mysql/

my-small.cnf
my-medium.cnf
などがありますので、
サーバのスペックに合わせて利用可能となります。

後はいつものように
/etc/rc.d/init.d/mysql start
で起動します。
[PR]



by cimacoppi | 2012-01-05 22:22 | Linux

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧