What Would Jesus Do?

perl5.8系をインストール

CentOS6系の場合、Perlのバージョンは5.10系がインストールされています。
5.8系をインストールする場合はソースからコンパイルする必要があります。

ソースはここからダウンロード可能です。
5.8系の場合は

rsync -avz rsync://perl5.git.perl.org/APC/perl-5.8.x .

となります。

configureは下記のようになります。

./Configure -de -Accflags='-fPIC' -Dprefix=/usr/local/perl-5.8

今回はその後、mod_perlのインストールを考えているので、
オプションで
-de -Accflags='-fPIC'
を追加します。このオプションを付けないと、mod_perlのmake時に
エラーが発生します。

その後
make test
make install
で完了です。

/usr/local/perl-5.8/bin/perl
にインストールされるので、後はシンボリックリンクで
ln -s /usr/local/perl-5.8/bin/perl /usr/local/bin/perl

と設定しとけばよいですね。
[PR]



by cimacoppi | 2012-02-20 14:06 | Linux

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧