「ほっ」と。キャンペーン

What Would Jesus Do?

apacheをSourceからインストール

今更感があるのですが、今日はapacheのSourceからの、
インストール方法を書きます。
最近はyumによるインストールが増えましたが、
稀にSourceからのインストールが求められる時があります。

ダウンロードはここからできます。

コンパイルオプションはこんな感じで行いました。

./configure \
--prefix=/usr/local/a20120222-1-prefork \
--with-mpm=prefork \
--enable-so \
--enable-rewrite \
--enable-ssl \
--disable-userdir \
--with-ssl=/usr/include/openssl

make
make install


/usr/local/a20120222-1-preforkが作成できるので、
apache2というシンボリックファイルを作ると便利です。

ln -s /usr/local/a20120222-1-prefork /usr/local/apache2

なぜprefixでapache2を指定しないかと言うと、
apacheをアップデートする場合、
新たに
a20120322-1-prefork
を作成して、現行のhtdocs confを、
a20120322-1-prefork
にコピーして
ln -s /usr/local/a20120322-1-prefork /usr/local/apache2
のシンボリックリンクを作成すれば簡単に、
アップデートができるからです。

後は、apachectl httpd.confの、
a20120222-1-prefork

apache2
に変更して完了です。
[PR]



by cimacoppi | 2012-02-22 14:32 | Apache

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧