「ほっ」と。キャンペーン

What Would Jesus Do?

s3cmdでmultipartオプションを利用してs3へアップロード

s3cmdで5GB以上のファイルをs3にアップロードする場合は、
オプションでmultipart-chunk-size-mbを指定する必要があります。

このmultipart-chunk-size-mbオプションは
version1.1.0以降で利用可能となります。

現在の最新バージョンをサイトで確認すると、1.1.0-beta2となります。

s3cmdのインストール方法は過去のblogで紹介しております。

実際のコマンドは
/usr/bin/s3cmd sync --multipart-chunk-size-mb=5120 ファイル名 s3://s3バケット名
となります。
(ファイルを5GB毎に分割してアップロードします。)

大きめなファイルとなりますので、当たり前ですがそれなりに時間がかかります
[PR]



by cimacoppi | 2012-12-06 15:59 | AWS

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧