「ほっ」と。キャンペーン

What Would Jesus Do?

カテゴリ:Mail( 13 )




tcpservr をssl化する

tcpserverでメール送信時に、
smtps popsを利用する場合、tcpsrverのsslパッチをあてる必要があります。

今回はtcpserverのssl化の方法を書きます。
(前提条件としてqmail vpopmailがインストール済みとします。)

tcpserverはここからダウンロード可能です。

sshのパッチはここからダウンロード可能です。

cp ucspi-tcp-0.88
patch < ../ucspi-tcp-ssl-20050405.patch
make
cp -pr tcpserver /usr/local/bin/tcpserver-ssl

pops smtpsを利用する場合SSL証明書と秘密鍵を結合します。

cat ssh証明書 秘密鍵 > /etc/cert/mail.pem
などとします。

qmail関連のユーザは

qmaild:x:502:501::/var/qmail:/bin/bash
qmaill:x:503:501::/var/qmail:/bin/bash
qmailp:x:504:501::/var/qmail:/bin/bash
qmailq:x:505:502::/var/qmail:/bin/bash
qmailr:x:506:502::/var/qmail:/bin/bash
qmails:x:507:502::/var/qmail:/bin/bash
vpopmail:x:508:503::/home/vpopmail:/bin/bash

とします。

qmail関連のグループは
nofiles:x:501:
qmail:x:502:
vchkpw:x:503:

とします。

起動コマンドは

#smtps
tcpserver-ssl -sHR -x /home/vpopmail/etc/tcp.smtp.cdb -u 508 -g 503 -n /etc/cert/mail.pem 0 465 /var/qmail/bin/qmail-smtpd &

#pop3
tcpserver-ssl -sHR -n /etc/cert/cima.pem 0 995 /var/qmail/bin/qmail-popup \
ドメイン名 /home/vpopmail/bin/vchkpw /var/qmail/bin/qmail-pop3d Maildir &

となります。

これでsmtps pop3が利用できます。
[PR]



by cimacoppi | 2012-03-10 21:50 | Mail

telnetコマンドでpopの認証を行う

メールサーバ作成時には、
POPの設定は必要になると思います。

設定完了後、認証確認が必要となりますが、
メールソフトにアカウントを登録して、
確認も可能ですが、telnetコマンドからの、
確認も可能となります。

手順は下記のようになります。

[root@ip-10-150-175-70 ~]# telnet IPアドレス 110
Trying IPアドレス...
Connected to IPアドレス.
Escape character is '^]'.
+OK <844.1331016804@ドメイン名>
user アカウント名
+OK
pass パスワード
+OK
quit
+OK
Connection closed by foreign host.
[root@ip-10-150-175-70 ~]#

OKが表示されれば成功となります。

これでメールソフトを利用せずに確認ができます。
[PR]



by cimacoppi | 2012-03-06 15:59 | Mail

qmailログからメール送信を確認する(失敗編)

前回、qmailログからメール送信成功の確認方法を、
書きましたので、今回は失敗した場合のログの確認方法を書きます。

検索方法は、同じとなります。

[root@hoge log]# grep -A 3 "from hoge@hoge.co.jp" qmaillog

Dec 7 01:43:56 qmail: 1323189836.307062 info msg 8462050: bytes 481 from hoge@hoge.co.jp qp 4822 uid 858
Dec 7 01:43:56 qmail: 1323189836.312034 starting delivery 3202037: msg 8462050 to remote hoge@hoge.co.jp

Dec 7 01:43:56 qmail: 1323189836.312034 starting delivery 3202037: msg 8462050 to remote hogehoge@hoge.co.jp
Dec 7 01:43:57 qmail: 1323189837.577886 delivery 3202037: failure: 209.85.225.26_does_not_like_recipient./Remote_host_said:_550-5.1.1_The_email_account_that_you_tried_to_reach_does_not_exist._Please_try/550-5.1.1_double-checking_the_recipient's_email_address_for_typos_or/550-5.1.1_unnecessary_spaces._Learn_more_at_____________________________/550_5.1.1

上記ログを見ると、メールアカウントが無いことが分かります。
このログだと、確実に送信されていないことが分かります。

メールの失敗ログは他にも
・Mailboxがいっぱいのため、送信失敗
・スパム判定をされて、送信先メールサーバで拒否
などが分かります。

メール調査が必要な場合は、一度試してみてください。
[PR]



by cimacoppi | 2011-12-07 02:05 | Mail

qmailログからメール送信を確認する(成功編)

今回はqmillログから、メール送信の成功の確認方法を書きます。

mailサーバを運用していると、お客様にメールが正常に送信されたかの、
調査依頼がたまにあります。

そんな場合は、ログレベルで調査をすることができます。

メール送信成功時は下記のような感じとなります。
(hoge@hoge.co.jpから送信したとします。)

[root@hoge log]# grep -A 3 "from hoge@hoge.co.jp" qmaillog
Dec 7 01:36:58 qmail: 1323189418.189521 info msg 8462050: bytes 482 from hoge@hoge.co.jp qp 4103 uid 858
Dec 7 01:36:58 qmail: 1323189418.193328 starting delivery 3201955: msg 8462050 to remote hoge@hoge.jp

1行目が送信元アドレス
2行目が送信先アドレス
となります。

送信の確認を行う場合は2行目の
delivery
のあとの数字で確認します。

[root@hoge log]# grep "3201955" qmaillog

Dec 7 01:36:58 qmail: 1323189418.193328 starting delivery 3201955: msg 8462050 to remote hasebe@cloudpack.jp
Dec 7 01:37:00 qmail: 1323189420.034985 delivery 3201955: success: 74.125.53.27_accepted_message./Remote_host_said:_250_2.0.0_OK_1323189420_o4si1084016pbn.262/

2行目で
250_2.0.0_OK
と表示されていますので、正常に送信されたことが分かります。

この調査は、あくまでログレベルとなりますので、
上記ログが確認できたからと言って、絶対に送信できたとは、
言いきれないので気を付けてください。
[PR]



by cimacoppi | 2011-12-07 01:58 | Mail

postfixでキューを強制削除する

今回はpostfixでのメールキューの、
削除方法を書きます。

まれにエラーメールが、大量にサーバに、
返信され、キューが溜まってしまう場合があります。

そんな時は

postsuper -d ALL

でキューを全て消すことができます。


ちなみに、キューを消す前に、溜まっているキューを、
確認するには

postqueue -p

コマンドで可能となります。
[PR]



by cimacoppi | 2011-12-05 21:49 | Mail

/var/spool/mail/rootを削除する

sendmailを利用していると、サーバ情報が
/var/spool/mail/rootに送信されます。
このメールを受信していればよいのですが、
受信していない場合、rootファイルが肥大化してHDD容量を、
圧迫する場合があります。

rm /var/spool/mail/root
で削除するのでも、良いのですが、あまりやり方が美しくありません。

そんな場合は

cat /dev/null > /var/spool/mail/root

を実行してrootファイルを、空にするのがよいと思います。

手動で実行するのが、大変な場合はcronに設定すれば、
肥大化する心配がなくなると思います。
[PR]



by cimacoppi | 2011-10-30 18:30 | Mail

qmail vpopmail で転送設定を行う

前回sendmaiでの転送設定を書きましたので、
今回はqmail + vpopmailでプログラムへの転送設定を書きます。

※前提条件としてqmail vpopmailはインストール済みとします。

設定ファイルは、

.qmil-ユーザ名

となります。

例えばtest@hoge.jpにメール送信があった場合、 /home/www/hoge.phpを実行するとします。

cd /home/vpopmail/domains/hoge.jp

vi .qmail-test
|/usr/bin/php /home/www/hoge.php

プログラムへ渡す時は先頭に | (パイプ)を記述します。
[PR]



by cimacoppi | 2011-10-19 20:12 | Mail

sendmailでドメイン毎に転送先を変更

今回は、sendmailでドメイン毎に転送先を設定する方法を書きます。
変更するファイルは
/etc/mail/mailertable
になります。

構文は
ドメイン名 smtp:MXサーバ名
となります。

例えば
hoge.jp 転送先 mail.hoge.jp
sample.jp 転送先 mail.sample.jp
と設定するとします。

vi /etc/mail/mailertable

hoge.jp smtp:mail.hoge.jp
sample.jp smtp:mail.sample.jp

となります。

修正後mailertable.dbを反映させます。

makemap hash mailertable.db < mailertable

反映完了後sendmailを再起動します。

/etc/rc.d/init.d/sendmail restart
[PR]



by cimacoppi | 2011-10-18 19:38 | Mail

postfixadminを設定する(メールアカウント dovecot設定編)

前回smtp-auth/postfixadminxの設定が完了しましたので、
次はメールアカウント作成とdovecotの設定を行います。


アドレス一覧→アドレスの追加でメールアドレスの作成ができます。

今回はadmin@cimacoppi.biz(passwd:admin)を作成します。

a0173028_16125393.jpg


メールアドレスが追加されると

/usr/local/virtual/ドメイン名/メールアドレスに、
メールが送信されます。

[root@ip-10-146-9-24 new]# pwd
/usr/local/virtual/cimacoppi.biz/admin@cimacoppi.biz/new

[root@ip-10-146-9-24 new]# ls -l
合計 4
-rw------- 1 vuser vuser 659 8月 13 13:36 1313210196.V801I11c1f6M638697.ip-10-146-9-24


上記のメールはpostfixadminからのウエルカムメールとなります。

メール送信が完了しましたので、次はdovecot(POP3の設定を行います。)

・dovecot.conf修正

vi /etc/dovecot.conf修正

protocols = pop3 (pop3指定)
mail_location = maildir:/usr/local/virtual/%d/%u (mailロケーション設定)
※poptfixadminではMaildirを作成してくれないのでMaildirは指定しない
passdb sql {
args = /etc/dovecot-mysql.conf
userdb sql {
args = /etc/dovecot-mysql.conf
※sql以外はコメントアウトにする

・dovecot-mysql.conf作成

cp -pr /usr/share/doc/dovecot-1.0.7/examples/dovecot-sql-example.conf /etc/dovecot-mysql.conf

vi /etc/dovecot-mysql.cof

driver = mysql
connect = host=localhost dbname=postfix user=postfix password=postfixpasswd
default_pass_scheme = MD5-CRYPT
password_query = SELECT password FROM mailbox WHERE username = '%u' AND active = '1'
user_query = SELECT concat('/usr/local/virtual/', maildir) as home, 10000 as uid, 10000 as gid FROM mailbox WHERE username = '%u' AND active = '1' 


・dovecot起動
/etc/rc.d/init.d/dovecot start


接続確認はtelnetコマンドで行えます。

[root@ip-10-146-9-24 new]# telnet localhost 110
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
+OK Dovecot ready.
user admin@cimacoppi.biz
+OK
pass admin
+OK Logged in.

上記で正常にdovecotが設定されていることが確認できます。


これで、postfixadminが利用可能となります。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-23 16:13 | Mail

postfixadminを設定する(smtp-auth/postfixadmin設定編)

postfixの設定が完了しましたので、
次はsmtp-auth/postfixadminxの設定を行います。

・smtp-authの設定

--------------------------------------
yum install cyrus-sasl-sql
yum install cyrus-sasl-plain
yum install cyrus-sasl-md5
--------------------------------------

smtpd.confの修正

vi /usr/lib/sasl2/smtpd.conf

--------------------------------------
pwcheck_method: auxprop
auxprop_plugin: sql

sql_engine: mysql
sql_hostnames: localhost
sql_user: postfix
sql_passwd: postfixpasswd
sql_database: postfix
sql_select: SELECT password FROM mailbox WHERE username = '%u@%r' AND active = '1'
mech_list: cram-md5 digest-md5 plain login
log_level: 3
--------------------------------------

・postfixadminxの設定

ダウンロード

wget http://sourceforge.net/projects/postfixadmin/files/postfixadmin/postfixadmin-2.3.3/postfixadmin-2.3.3.tar.gz/download


・config.inc.php修正
--------------------------------------
$CONF['configured'] = true;
$CONF['postfix_admin_url'] = 'http://ドメイン名/postfixadmin-2.3.3';
$CONF['database_type'] = 'mysql';
$CONF['database_host'] = 'localhost';
$CONF['database_user'] = 'postfix';
$CONF['database_password'] = 'パスワード';
$CONF['database_name'] = 'postfix';
$CONF['domain_path'] = 'YES';
--------------------------------------

上記設定後
http://ドメイン名/postfixadmin-2.3.3/setup.php にアクセスします

a0173028_15375818.jpg


a0173028_15385143.jpg


入力後管理者追加を押下すると、
暗号化された文字が表示されるので、

config.inc.phpに下記を追加
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
$CONF['setup_password'] =06e06be601caad1bb1f9f7b4589c7231:6b36a3f37effb3e8c4e273ccbd67466583b16ced
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


上記設定が完了して、下記にアクセスしてログインが出来ます。
http://ドメイン名/postfixadmin-2.3.3/login.php

a0173028_15372232.jpg

[PR]



by cimacoppi | 2011-08-22 15:44 | Mail

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧