「ほっ」と。キャンペーン

What Would Jesus Do?

カテゴリ:Mail( 13 )




postfixadminを設定する(MySQL/postfix/設定編)

postfixのインストールが完了しましたので、
次はMySQLとpostfixの設定を行います。

・データベースとユーザ作成
--------------------------------------------------------------------
CREATE DATABASE postfix;
CREATE USER 'postfix'@'localhost' IDENTIFIED BY 'パスワード';
GRANT ALL PRIVILEGES ON `postfix` . * TO 'postfix'@'localhost';
--------------------------------------------------------------------

・main.cfの修正
vi /etc/postfix/main.cf
--------------------------------------------------------------------
# ホスト名の設定
myhostname = mail.hogehoge.com
# ドメイン名の設定
mydomain = hogehoge.com
# メール送信の設定
myorigin = $myhostname
# メール受信の設定
inet_interfaces = all
# メールの最終目的地とみなす範囲の指定
(virtual_mailbox_domainsで指定したドメインが処理されるので未指定。コメントアウトではないので注意。)
mydestination =
# 信頼できるクライアントのネットワークを指定
mynetworks = 192.168.1.0/24, 127.0.0.0/8
# リレーを許可するドメインを指定
relay_domains = $mydestination
#プログラムに転送する場合設定
transport_maps=hash:/etc/postfix/transport
# メールBOXの形式を指定
home_mailbox = Maildir/
# sendmail互換プログラムの修正
sendmail_path = /usr/sbin/sendmail
# ローカルへの配送をバーチャル配送エージェントで行う。
local_transport = virtual
# virtual_mailbox_domains パラメータ値にマッチするドメイン宛のデフォルトのメール配送エージェントの指定。
virtual_transport = virtual
# バーチャルメールボックスが置かれる場所で、事前準備で用意したディレクトリを指定する。
virtual_mailbox_base = /usr/local/virtual
# ローカルまたはリモートアドレスにエイリアスするオプションの検索テーブルを指定する。
virtual_alias_maps = mysql:/etc/postfix/mysql_virtual_alias_maps.cf
# ローカルまたはリモートドメインのアドレスにエイリアスされるドメインの名前のリストを指定する。
virtual_alias_domains = $virtual_alias_maps
# バーチャルメール配送エージェントを使って配送されるドメインのリストを指定する。
virtual_mailbox_domains = mysql:/etc/postfix/mysql_virtual_domains_maps.cf
# virtual_mailbox_domains にマッチするドメインの全ての有効なアドレスを持つ検索テーブルを指定する。
virtual_mailbox_maps = mysql:/etc/postfix/mysql_virtual_mailbox_maps.cf
# ユーザIDの最小値(事前準備で用意したuid)を指定。この値以下のuidの配送は拒否される。
virtual_minimum_uid = 10000
# 事前準備で用意したユーザIDを指定。
virtual_uid_maps = static:10000
# 事前準備で用意したグループIDを指定。
virtual_gid_maps = static:10000
# SMTP-AUTH指定
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination
broken_sasl_auth_clients=yes
--------------------------------------------------------------------

・mysql_virtual_alias_maps.cf 作成

---------------------------------------
user = postfix
password = パスワード
hosts = localhost
dbname = postfix
table = alias
select_field = goto
where_field = address
---------------------------------------

・mysql_virtual_domains_maps.cf 作成

---------------------------------------
user = postfix
password = domain
hosts = localhost
dbname = postfix
table = domain
select_field = domain
where_field = domain
---------------------------------------

・mysql_virtual_mailbox_maps.cf
---------------------------------------
user = postfix
password = パスワード
hosts = localhost
dbname = postfix
table = mailbox
select_field = maildir
where_field = username
---------------------------------------

・transport 追加記述
---------------------------------------
※error@hoge.jpをプログラムに渡す場合
error@hoge.jp local
---------------------------------------

・virtual 追加記述
---------------------------------------
※error@hoge.jpをプログラムに渡す場合
error@hoge.jp error@hoge.jp
---------------------------------------

・アップデート除外設定
---------------------------------------
vi /etc/yum.conf

↓追加
exclude= postfix.i386
---------------------------------------

今回はここまでです。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-17 16:56 | Mail

postfixadminを設定する(postfix編)

今回はpostfixのインストール方法を書きます。

yumからpostfixはインストールできますが、
RPM版の場合、MySQLに対応していないため、
MySQLを有効にしてリビルドする必要があります。

インストール方法は下記となります。

cd /usr/local/src/
wget http://ftp.riken.go.jp/Linux/centos/5.6/os/SRPMS/postfix-2.3.3-2.1.el5_2.src.rpm

mkdir -p /usr/src/redhat/SOURCES
rpm -ihv postfix-2.3.3-2.src.rpm
cd /usr/src/redhat/SOURCES

postfix(SRPM) VDAパッチダウンロード
http://vda.sourceforge.net/VDA/postfix-2.3.3-vda.patch.gz
gunzip postfix-2.3.3-vda.patch.gz

・MySQL有効設定に変更

cd /usr/src/redhat/SPECS/
cp postfix.spec postfix.spec.org
vi postfix.spec

【変更】
----------------------------------------------------
%define MYSQL 0

%define MYSQL 1
----------------------------------------------------

【変更】
----------------------------------------------------
Patch9: postfix-2.2.5-cyrus.patch

Patch9: postfix-2.2.5-cyrus.patch
Patch10: postfix-2.3.3-vda.patch
----------------------------------------------------

【変更】
----------------------------------------------------
%patch9 -p1 -b .cyrus

%patch9 -p1 -b .cyrus
%patch10 -p1 -b .vda
----------------------------------------------------

・postfixリビルド
yum install rpm-build
yum install pcre-devel
rpmbuild -ba postfix.spec

rpm -Uvh postfix-2.3.3-2.1.i386.rpm

・mysql対応確認
postconf -m|grep mysql

これで、postfixのMySQL対応版のインストール完了です
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-15 10:50 | Mail

postfixadminを設定する(準備編)

バーチャルドメインの管理をGUIで行うツールとして、
postfixadminがあります。

qmailadminに比べると設定項目が多くなるので、
少し大変ですが、postfixでバーチャルドメインで、
mailサーバを運用する場合は、非常に便利だと思います。

ちなみに、postfixadminは、
postfix + dovecot + mysql
で、動作します。

今回、利用するミドルウェアバージョンは、
下記となります。
・httpd :2.2.3
・php :5.3.6
・mysql :5.5.15
・postfix:2.3.3-2.1

また、OSは
CentOS 5.6となります。

postfixadminのバージョンは
2.3.3
となります。

今回、前提条件としてhttpd php mysqlはインストール済みとします。

まず、事前準備としてユーザとディレクトリを作成します。

groupadd -g 10000 vuser
useradd -g vuser -u 10000 vuser
mkdir /usr/local/virtual
chown vuser:vuser /usr/local/virtual
chmod 771 /usr/local/virtual

次回より設定手順を書いていきたいと思います。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-11 16:47 | Mail

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧