「ほっ」と。キャンペーン

What Would Jesus Do?

<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧




ELBからportを削除する

ELBに設定したportを、何らかの理由で必要がなくなり、
削除が必要となった場合は、コマンドラインからの設定となります。

今回はport削除方法を書きます。
※前提条件としてAWS SDK for PHPが設定済みとします。

下記のELBから443portを削除します。

a0173028_104107.jpg



vi del.port


require_once("sdk.class.php");


$elb = new AmazonELB();
$elb->set_region(AmazonELB::REGION_APAC_NE1);

$response = $elb->DeleteLoadBalancerListeners('my-load-balancer', array(443));


var_dump($response->isOK());

?>

del-port.phpを実行
(trueが表示されれば成功)
[root@ip-10-150-175-70 sdk-1.3.1]# php del-port.php
bool(true)

443portが削除されているのが確認できます。

a0173028_1041575.jpg

[PR]



by cimacoppi | 2011-08-31 11:08 | AWS

RDS MySQLでmax_connectionsを変更する

RDS MySQLを利用していてmax_connectionsを変更したい場合があります。
そんな場合は
modify_db_parameter_group
を使用して変更します。

まずは現行のmax_connectionsの確認です。
(m1.largeを利用しているとします。)

mysql> show variables like 'max_connections';
+-----------------+-------+
| Variable_name | Value |
+-----------------+-------+
| max_connections | 640 |
+-----------------+-------+
1 row in set (0.00 sec)

上記から現在640ということが分かります。
この値を1500に変更したい場合は、
下記のようなphpを作成して実行します。

vi rds.php
---------------------------------------------------------------

require_once("./sdk.class.php");

$rds = new AmazonRDS();
$rds->set_region(AmazonRDS::REGION_US_W1);

$response = $rds->modify_db_parameter_group('RDS Name', array(
array(
"ParameterName" => "max_connections",
"ParameterValue" => "1500",
"ApplyMethod" => "immediate"
)
));

var_dump($response);

?>

---------------------------------------------------------------

mysql> show variables like 'max_connections';
+-----------------+-------+
| Variable_name | Value |
+-----------------+-------+
| max_connections | 1500 |
+-----------------+-------+
1 row in set (0.00 sec)

再度確認すると1500に変更されていることが確認できます。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-29 14:32

postfixadminを設定する(メールアカウント dovecot設定編)

前回smtp-auth/postfixadminxの設定が完了しましたので、
次はメールアカウント作成とdovecotの設定を行います。


アドレス一覧→アドレスの追加でメールアドレスの作成ができます。

今回はadmin@cimacoppi.biz(passwd:admin)を作成します。

a0173028_16125393.jpg


メールアドレスが追加されると

/usr/local/virtual/ドメイン名/メールアドレスに、
メールが送信されます。

[root@ip-10-146-9-24 new]# pwd
/usr/local/virtual/cimacoppi.biz/admin@cimacoppi.biz/new

[root@ip-10-146-9-24 new]# ls -l
合計 4
-rw------- 1 vuser vuser 659 8月 13 13:36 1313210196.V801I11c1f6M638697.ip-10-146-9-24


上記のメールはpostfixadminからのウエルカムメールとなります。

メール送信が完了しましたので、次はdovecot(POP3の設定を行います。)

・dovecot.conf修正

vi /etc/dovecot.conf修正

protocols = pop3 (pop3指定)
mail_location = maildir:/usr/local/virtual/%d/%u (mailロケーション設定)
※poptfixadminではMaildirを作成してくれないのでMaildirは指定しない
passdb sql {
args = /etc/dovecot-mysql.conf
userdb sql {
args = /etc/dovecot-mysql.conf
※sql以外はコメントアウトにする

・dovecot-mysql.conf作成

cp -pr /usr/share/doc/dovecot-1.0.7/examples/dovecot-sql-example.conf /etc/dovecot-mysql.conf

vi /etc/dovecot-mysql.cof

driver = mysql
connect = host=localhost dbname=postfix user=postfix password=postfixpasswd
default_pass_scheme = MD5-CRYPT
password_query = SELECT password FROM mailbox WHERE username = '%u' AND active = '1'
user_query = SELECT concat('/usr/local/virtual/', maildir) as home, 10000 as uid, 10000 as gid FROM mailbox WHERE username = '%u' AND active = '1' 


・dovecot起動
/etc/rc.d/init.d/dovecot start


接続確認はtelnetコマンドで行えます。

[root@ip-10-146-9-24 new]# telnet localhost 110
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
+OK Dovecot ready.
user admin@cimacoppi.biz
+OK
pass admin
+OK Logged in.

上記で正常にdovecotが設定されていることが確認できます。


これで、postfixadminが利用可能となります。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-23 16:13 | Mail

postfixadminを設定する(smtp-auth/postfixadmin設定編)

postfixの設定が完了しましたので、
次はsmtp-auth/postfixadminxの設定を行います。

・smtp-authの設定

--------------------------------------
yum install cyrus-sasl-sql
yum install cyrus-sasl-plain
yum install cyrus-sasl-md5
--------------------------------------

smtpd.confの修正

vi /usr/lib/sasl2/smtpd.conf

--------------------------------------
pwcheck_method: auxprop
auxprop_plugin: sql

sql_engine: mysql
sql_hostnames: localhost
sql_user: postfix
sql_passwd: postfixpasswd
sql_database: postfix
sql_select: SELECT password FROM mailbox WHERE username = '%u@%r' AND active = '1'
mech_list: cram-md5 digest-md5 plain login
log_level: 3
--------------------------------------

・postfixadminxの設定

ダウンロード

wget http://sourceforge.net/projects/postfixadmin/files/postfixadmin/postfixadmin-2.3.3/postfixadmin-2.3.3.tar.gz/download


・config.inc.php修正
--------------------------------------
$CONF['configured'] = true;
$CONF['postfix_admin_url'] = 'http://ドメイン名/postfixadmin-2.3.3';
$CONF['database_type'] = 'mysql';
$CONF['database_host'] = 'localhost';
$CONF['database_user'] = 'postfix';
$CONF['database_password'] = 'パスワード';
$CONF['database_name'] = 'postfix';
$CONF['domain_path'] = 'YES';
--------------------------------------

上記設定後
http://ドメイン名/postfixadmin-2.3.3/setup.php にアクセスします

a0173028_15375818.jpg


a0173028_15385143.jpg


入力後管理者追加を押下すると、
暗号化された文字が表示されるので、

config.inc.phpに下記を追加
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
$CONF['setup_password'] =06e06be601caad1bb1f9f7b4589c7231:6b36a3f37effb3e8c4e273ccbd67466583b16ced
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


上記設定が完了して、下記にアクセスしてログインが出来ます。
http://ドメイン名/postfixadmin-2.3.3/login.php

a0173028_15372232.jpg

[PR]



by cimacoppi | 2011-08-22 15:44 | Mail

postfixadminを設定する(MySQL/postfix/設定編)

postfixのインストールが完了しましたので、
次はMySQLとpostfixの設定を行います。

・データベースとユーザ作成
--------------------------------------------------------------------
CREATE DATABASE postfix;
CREATE USER 'postfix'@'localhost' IDENTIFIED BY 'パスワード';
GRANT ALL PRIVILEGES ON `postfix` . * TO 'postfix'@'localhost';
--------------------------------------------------------------------

・main.cfの修正
vi /etc/postfix/main.cf
--------------------------------------------------------------------
# ホスト名の設定
myhostname = mail.hogehoge.com
# ドメイン名の設定
mydomain = hogehoge.com
# メール送信の設定
myorigin = $myhostname
# メール受信の設定
inet_interfaces = all
# メールの最終目的地とみなす範囲の指定
(virtual_mailbox_domainsで指定したドメインが処理されるので未指定。コメントアウトではないので注意。)
mydestination =
# 信頼できるクライアントのネットワークを指定
mynetworks = 192.168.1.0/24, 127.0.0.0/8
# リレーを許可するドメインを指定
relay_domains = $mydestination
#プログラムに転送する場合設定
transport_maps=hash:/etc/postfix/transport
# メールBOXの形式を指定
home_mailbox = Maildir/
# sendmail互換プログラムの修正
sendmail_path = /usr/sbin/sendmail
# ローカルへの配送をバーチャル配送エージェントで行う。
local_transport = virtual
# virtual_mailbox_domains パラメータ値にマッチするドメイン宛のデフォルトのメール配送エージェントの指定。
virtual_transport = virtual
# バーチャルメールボックスが置かれる場所で、事前準備で用意したディレクトリを指定する。
virtual_mailbox_base = /usr/local/virtual
# ローカルまたはリモートアドレスにエイリアスするオプションの検索テーブルを指定する。
virtual_alias_maps = mysql:/etc/postfix/mysql_virtual_alias_maps.cf
# ローカルまたはリモートドメインのアドレスにエイリアスされるドメインの名前のリストを指定する。
virtual_alias_domains = $virtual_alias_maps
# バーチャルメール配送エージェントを使って配送されるドメインのリストを指定する。
virtual_mailbox_domains = mysql:/etc/postfix/mysql_virtual_domains_maps.cf
# virtual_mailbox_domains にマッチするドメインの全ての有効なアドレスを持つ検索テーブルを指定する。
virtual_mailbox_maps = mysql:/etc/postfix/mysql_virtual_mailbox_maps.cf
# ユーザIDの最小値(事前準備で用意したuid)を指定。この値以下のuidの配送は拒否される。
virtual_minimum_uid = 10000
# 事前準備で用意したユーザIDを指定。
virtual_uid_maps = static:10000
# 事前準備で用意したグループIDを指定。
virtual_gid_maps = static:10000
# SMTP-AUTH指定
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination
broken_sasl_auth_clients=yes
--------------------------------------------------------------------

・mysql_virtual_alias_maps.cf 作成

---------------------------------------
user = postfix
password = パスワード
hosts = localhost
dbname = postfix
table = alias
select_field = goto
where_field = address
---------------------------------------

・mysql_virtual_domains_maps.cf 作成

---------------------------------------
user = postfix
password = domain
hosts = localhost
dbname = postfix
table = domain
select_field = domain
where_field = domain
---------------------------------------

・mysql_virtual_mailbox_maps.cf
---------------------------------------
user = postfix
password = パスワード
hosts = localhost
dbname = postfix
table = mailbox
select_field = maildir
where_field = username
---------------------------------------

・transport 追加記述
---------------------------------------
※error@hoge.jpをプログラムに渡す場合
error@hoge.jp local
---------------------------------------

・virtual 追加記述
---------------------------------------
※error@hoge.jpをプログラムに渡す場合
error@hoge.jp error@hoge.jp
---------------------------------------

・アップデート除外設定
---------------------------------------
vi /etc/yum.conf

↓追加
exclude= postfix.i386
---------------------------------------

今回はここまでです。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-17 16:56 | Mail

postfixadminを設定する(postfix編)

今回はpostfixのインストール方法を書きます。

yumからpostfixはインストールできますが、
RPM版の場合、MySQLに対応していないため、
MySQLを有効にしてリビルドする必要があります。

インストール方法は下記となります。

cd /usr/local/src/
wget http://ftp.riken.go.jp/Linux/centos/5.6/os/SRPMS/postfix-2.3.3-2.1.el5_2.src.rpm

mkdir -p /usr/src/redhat/SOURCES
rpm -ihv postfix-2.3.3-2.src.rpm
cd /usr/src/redhat/SOURCES

postfix(SRPM) VDAパッチダウンロード
http://vda.sourceforge.net/VDA/postfix-2.3.3-vda.patch.gz
gunzip postfix-2.3.3-vda.patch.gz

・MySQL有効設定に変更

cd /usr/src/redhat/SPECS/
cp postfix.spec postfix.spec.org
vi postfix.spec

【変更】
----------------------------------------------------
%define MYSQL 0

%define MYSQL 1
----------------------------------------------------

【変更】
----------------------------------------------------
Patch9: postfix-2.2.5-cyrus.patch

Patch9: postfix-2.2.5-cyrus.patch
Patch10: postfix-2.3.3-vda.patch
----------------------------------------------------

【変更】
----------------------------------------------------
%patch9 -p1 -b .cyrus

%patch9 -p1 -b .cyrus
%patch10 -p1 -b .vda
----------------------------------------------------

・postfixリビルド
yum install rpm-build
yum install pcre-devel
rpmbuild -ba postfix.spec

rpm -Uvh postfix-2.3.3-2.1.i386.rpm

・mysql対応確認
postconf -m|grep mysql

これで、postfixのMySQL対応版のインストール完了です
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-15 10:50 | Mail

postfixadminを設定する(準備編)

バーチャルドメインの管理をGUIで行うツールとして、
postfixadminがあります。

qmailadminに比べると設定項目が多くなるので、
少し大変ですが、postfixでバーチャルドメインで、
mailサーバを運用する場合は、非常に便利だと思います。

ちなみに、postfixadminは、
postfix + dovecot + mysql
で、動作します。

今回、利用するミドルウェアバージョンは、
下記となります。
・httpd :2.2.3
・php :5.3.6
・mysql :5.5.15
・postfix:2.3.3-2.1

また、OSは
CentOS 5.6となります。

postfixadminのバージョンは
2.3.3
となります。

今回、前提条件としてhttpd php mysqlはインストール済みとします。

まず、事前準備としてユーザとディレクトリを作成します。

groupadd -g 10000 vuser
useradd -g vuser -u 10000 vuser
mkdir /usr/local/virtual
chown vuser:vuser /usr/local/virtual
chmod 771 /usr/local/virtual

次回より設定手順を書いていきたいと思います。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-11 16:47 | Mail

ネームサーバ変更時の設定確認方法(dig編)

前回、nslookupでのネームサーバの設定確認方法を、
説明しましたが、今回digコマンドでの設定確認方法です。

前提条件としてLinuxサーバにdigコマンドがインストールされているとします。

下記のコマンドで Aレコードの確認が出来ます。

----------------------------------------------------------------------------

dig @ns-1227.awsdns-25.org www.cimacoppi.biz


;; QUESTION SECTION:
;www.cimacoppi.biz. IN A

;; ANSWER SECTION:
www.cimacoppi.biz. 360 IN A 100.100.100.100

;; AUTHORITY SECTION:
cimacoppi.biz. 172800 IN NS ns-298.awsdns-37.com.
cimacoppi.biz. 172800 IN NS ns-531.awsdns-02.net.
cimacoppi.biz. 172800 IN NS ns-1227.awsdns-25.org.
cimacoppi.biz. 172800 IN NS ns-1986.awsdns-56.co.uk.
----------------------------------------------------------------------------

下記のコマンドでMXレコードの確認が出来ます。

----------------------------------------------------------------------------

dig @ns-1227.awsdns-25.org cimacoppi.biz MX


;; QUESTION SECTION:
;cimacoppi.biz. IN MX

;; ANSWER SECTION:
cimacoppi.biz. 360 IN MX 10 mail.cimacoppi.biz.
cimacoppi.biz. 360 IN MX 20 mail2.cimacoppi.biz.
cimacoppi.biz. 360 IN MX 30 mail3.cimacoppi.biz.

;; AUTHORITY SECTION:
cimacoppi.biz. 172800 IN NS ns-298.awsdns-37.com.
cimacoppi.biz. 172800 IN NS ns-531.awsdns-02.net.
cimacoppi.biz. 172800 IN NS ns-1227.awsdns-25.org.
cimacoppi.biz. 172800 IN NS ns-1986.awsdns-56.co.uk.

;; ADDITIONAL SECTION:
mail.cimacoppi.biz. 360 IN A 100.100.100.200
mail2.cimacoppi.biz. 360 IN A 100.100.100.210
mail3.cimacoppi.biz. 360 IN A 100.100.100.220
----------------------------------------------------------------------------

これでWindows Linuxどちらでもネームサーバの設定確認が出来ます。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-10 11:24 | Linux

ネームサーバ変更時の設定確認方法(nslookup編)

何らかの理由でネームサーバを変更する場合、
新規のサーバでも、現行のネームサーバと、
同じ設定にする必要があります。

新規のネームサーバで、設定に不備がないか、
不安な場合があります。

そんな場合は、nslookupで確認ができます。

route53で下記のようなレコード設定をしたとします。
(設定ドメインはcimacoppi.bizとします)
a0173028_1021971.jpg


まずはserverの指定です。
a0173028_1024090.jpg


次にAレコードの確認です。
a0173028_10254100.jpg


最後にMXレコードの確認です。
a0173028_103715.jpg


これで、安心してネームサーバの変更が出来ます。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-09 10:06 | Linux

Windows インスタンスを停止しないでAMIを作成する

Linuxインスタンスの場合、ec2reg コマンドを利用して、
SnapshotsからAMIの作成が出来ますが、Windowsインスタンスの場合、
ec2reg コマンドからAMIの作成ができません。

WindowsサーバでAMIを作成するには、
ec2-create-image コマンドを利用して、
インスタンス起動しまま、AMIを作成します。

例えば
Instance: i-abcdefgh
リージョン:ap-northeast
AMIネーム:win-web

でAMIを作成する場合は

ec2-create-image i-abcdefgh --name "win-web" --region ap-northeast-1 -K pk.pem -C cert.pem --no-reboot

となります。

オプションに --no-reboot をつけることによって起動したままAMI作成が可能となります。
[PR]



by cimacoppi | 2011-08-05 16:59 | AWS

クラウド・ノイズ
by cimacoppi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

mod_line_editを..
at 2012-12-14 22:25
nagiosでOracleの..
at 2012-12-13 12:25
s3cmdでmultipar..
at 2012-12-06 15:59
tcpservr をssl化する
at 2012-03-10 21:50
telnetコマンドでpop..
at 2012-03-06 15:59

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧